逆転のエース

自分の人生を使って使って使い潰す、そんなコンセプトで綴られるナーバスブログ。架空タレント西師千尋くんの活動報告もします。

離婚の話②離婚の経緯(結婚~出産前)

(1/3)


結婚したのは2016年2月。

理由はぶっちゃけるとできちゃった婚でした。


ただ僕は奥さんを愛していましたし、突然で戸惑ったけれど父になるのは嫌なわけではなかったです。

むしろ子供を産まないという選択をとった時、きっと奥さんに会えなくなるのが嫌でした。


また奥さんは子宮内膜症を患っており、子供ができにくい身体だと聞いていたので、そんな彼女の体に生命が宿ったのはとても喜ばしいことだと思いました。

(これ、いま思えば本当に病気だったんか?みたいな邪推をしてしまうんですが。)

 


ただ、結婚前にどうしても話し合わないといけないことがありました。

当然ながら経済的側面の話です。

 


奥さんの年齢は僕の一個上でしたが、貯金は一切なし。実家近くに妹と暮らしていましたが、まあ遊び人だったので全くお金がない状態でした。

(まあ僕も遊び人だったから知り合ったんですけど、30手前で貯金なしは実際どうかと思ってる。)


一方僕も当時、月収は残業して27万円くらい(手取)で、貯金はギリ3桁ある、みたいな状況。


2人で慌ててインターネットで情報を集めれば、子供が成人するまでに最低1500万円はかかるという事実が浮かび上がる。

 

奥さんは高校生位の時に親が離婚してシングルマザー世帯。しかしお義母さん側の実家が裕福だったり、離婚したお義父さんがだいぶ経済支援をしていたり、公営住宅に住んでいたり、支援金受け取っていたりと、正直にいえば世のシングルマザー世帯に比較するとだいぶイージーモードでやってる家庭でした。

対して僕が育った家庭は両親共働き。

お互いの金銭感覚にはだいぶ乖離があったと思います。

 

「とにかく愛だけではやっていけない。

いまは共働きの時代なのだから、お互いしっかり働いて子供を養っていこう」

 

ひとまず、そう言ってお互いに課した収入目標は、僕:25万、嫁:15万という囁かなものでした。

40万収入があれば、生活費以外で貯金もできるし、自分のために多少はお金が使えるねとお互い意思確認をしたのです。

(生活費の配分は僕10万、嫁5万だった記憶が)

 

とはいえ、出産を控えておりますし、当面は育産休の手当を食費に使い、それ以外の費用(出産費用や新居の家具代なども含む)と、奥さんが私用や遊びでお金が必要になった場合は僕が用立てる等、当初の収支バランスは決まりました。

育児手当の受給はありましたが、最初の1年は全て子供のために貯金をする、ということにしました。

 

それでも出産前の半年は奥さんも働いていたので、それまでの収入と育児休暇費用があれば、保育園入園までは僕の貯金を切り崩せばいけるだろうという認識でしたし、友人達にも支えられながら、長期休みには小旅行を楽しむ余裕もありました。

(次回書くのですが、子供も最高に可愛い)

 

義両親にも受け入れられ、順風満帆とはいえなくても幸せな結婚生活が始まっていったのです。

 

 

いま思ってもこの頃の生活はすごく楽しかったなぁと思ってます。

 

 

 

やや不穏な感じを残しつつ中盤に続く。